サクソフォーンで聴くクリスマスコンサート

長野市のサックスレッスンスタジオHuit主宰・講師の由井平太が企画し、2016年から毎年12月に長野市で開催している『サクソフォーン四重奏で聴くクリスマスコンサート』シリーズ。2020年は新型コロナウイルス対策のため休止となりましたが、2021年12月で5回目の開催となりました。
また2018年と2019年には、公演翌日に、長野市内の保育園で園児対象の音楽ワークショップも開催しました。
2022年の6回目ではこれまでの「四重奏」から趣向を変えて、『サクソフォーンで聴くクリスマスコンサート』と題してサクソフォーンとピアノのアンサンブルをお楽しみいただきます。
2022年12月に予定している公演と、これまでに開催された公演をご紹介します。

【予告】サクソフォーンで聴くクリスマスコンサート2022

チラシ 表チラシ 裏

日時:2022年12月4日(日) 開場 14:30 開演 15:00(終演予定 16:30)

会場:竹風堂 大門ホール(長野県長野市大門町511 竹風堂善光寺大門店3階)

出演:由井 平太(サクソフォーン)/今井 麻耶(ピアノ)

曲目(予定):
R.クレリス:セレナード・ヴァリエ
P.モーリス:プロヴァンスの風景
F.プーランク:クラリネット・ソナタ(ソプラノ・サクソフォーン版)
E.ガーナー:ミスティ
L.ハーライン:星に願いを
山下 達郎:クリスマス・イヴ
G.ガーシュウィン:ガーシュウィン・ファンタジー

チケット:一般 2,000円/学生 1,000円(全席自由)
(学生には大学生・専門学校生等を含みますが、入場の際、学生証をご提示いただく場合がありますのでご了承ください)

チケット取り扱い:
浅井管楽器工房 TEL 026-290-7757
インターネット・電話予約(※2022年10月1日発売開始):カンフェティ(Confetti)TEL 0120-240-540(通話料無料・平日10:00〜18:00)

Confetti[カンフェティ]
※10月1日よりご利用いただけます。

後援:長野市/長野市教育委員会/日本サクソフォーン協会

共催:レッスンスタジオ&音楽サロンHuit

主催:サクソフォーンでクリスマスコンサートを聴く会

数々のサクソフォーンのための名曲や、様々なジャンルの音楽を、サクソフォーン四重奏で楽しんでいただいてきたクリスマスコンサートシリーズ。2022年は趣向を変えて、サクソフォーンとピアノの音楽をお楽しみいただきます。
様々な音楽ジャンルの垣根を超えて縦横無尽に飛び回るソプラノ・アルト・テナーサクソフォンと、1台でまるでオーケストラのような音楽を奏でるピアノで、皆さまのクリスマスシーズンを彩ります。美しく華やかなクラシック音楽から、ムード溢れるジャズ・ポップスと、サクソフォーンとピアノの繊細かつダイナミック、きらびやかな音楽を、お楽しみください。

なお、本公演に先立ち、レッスンスタジオ&音楽サロンHuitをはじめ、サクソフォーン奏者の由井平太が長野市近郊でレッスンをしている生徒の皆さんの発表会も同じ日・同じ会場にて開催いたします。詳細は下記リンク、またはチラシ画像をご覧ください。

関連イベント【予告】レッスンスタジオ&音楽サロンHuit 由井門下発表会
サクソフォーン四重奏で聴くクリスマスコンサート2021
〜サクソフォーンで想う、心の旅路〜

日時:2021年12月5日(日) 開場 13:30 開演 14:00

会場:竹風堂 大門ホール

出演:由井 平太/上原 雅史/甘利 美侑/歌頭 諒

曲目:
F.シューベルト:アヴェ・マリア
J.S.バッハ:G線上のアリア
J.イベール:「物語」より
P-M.デュボワ:サクソフォーン四重奏曲
大野 雄二:光と風の四季(NHK小さな旅テーマ曲)
谷村 新司:いい日旅立ち
三木 たかし:津軽海峡・冬景色
鈴木 キサブロー:浪漫鉄道
伊藤 康英:琉球幻想曲
久石 譲:オリエンタル・ウィンド

後援:長野市/長野市教育委員会/日本サクソフォーン協会

協力:レッスンスタジオ&音楽サロンHuit

主催:サクソフォーン四重奏でクリスマスコンサートを聴く会

2020年は新型コロナウイルス対応のために1年お休みした「サクソフォーン四重奏で聴くクリスマスコンサート」、2021年についに5回目を迎えました。
今回のコンサートのテーマは「旅」。コンサート前半、サクソフォーン四重奏が奏でるクラシック音楽では、旅先で経験する一期一会の感動のような、心に染みる名曲との出会いをお楽しみいただきました。そしてコンサート後半は、まさに日本の各地を音楽で旅するプログラムをお楽しみいただきました。

サクソフォーン四重奏で聴くクリスマスコンサート2019
〜宇宙からの贈り物〜

日時:2019年12月8日(日) 14:00

会場:竹風堂 大門ホール

出演:サクソフォン四重奏団“OXAS”

曲目:
C.ドビュッシー(由井平太 編曲):美しい夕暮れ
長生 淳:トルヴェールの彗星
B.バルトーク(伊藤康英 編曲):ミクロコスモス 第6巻
宮川 泰(渡部哲哉 編曲):組曲「宇宙戦艦ヤマト」より
タケカワ ユキヒデ(小島里美 編曲):銀河鉄道999
W.S.ヘイズ(由井平太 編曲):冬の星座
由井平太 編曲(中村 八大(上を向いて歩こう)/アメリカ民謡(幸せなら手をたたこう)/フィンランド民謡(レット・キス)/いずみ たく(見上げてごらん夜の星を)):坂本九メドレー

後援:同伶会長野支部/長野市教育委員会/日本サクソフォーン協会

共催:サクソフォン四重奏団“OXAS”

主催:サクソフォーン四重奏でクリスマスコンサートを聴く会

4回目の公演、今年のテーマは何にしようか…と考えていた2019年7月、ニュースで人類の月面着陸から50年という話題が聞こえてきました。子どもの頃、天文に憧れを抱いていた時期のある私。一気にイメージが広がったのが、この『星空からの贈り物』というテーマです。
人類の未知の世界への夢や憧れ、美しい夜空への希望、そして哲学的存在としての宇宙。音楽の世界でも、そうした宇宙を巡る様々な想像が、様々な作品を生み出しました。音楽だけでなく、様々な角度から心を揺さぶるコンサート。演奏は、私がメンバーとして加わっているサクソフォン四重奏団“OXAS”でした。

【関連公演】サックス村へ、ごしょうたい(音楽ワークショップ・対象:幼児)

日時:2019年12月9日(月)

出演:由井 平太(ファシリテーター)、サクソフォン四重奏団“OXAS”

会場・対象:風間保育園・園児

2018年に続いての、幼児対象の音楽ワークショップ。4人のサクソフォーン奏者が楽しく暮らすサックス村に招待された子どもたち。ところがその村の風車が動かなくなってしまって、風車が再び動くように音楽の力を探究する、というストーリー。風車に描かれたヒントから、サクソフォーン四重奏と共に音楽の力を探し出し、全身を使って体感しました。45分の公演のクライマックス、風車が子どもたちの力で動き出すと、約130名の園児たちから歓声が上がりました。

サクソフォーン四重奏で聴くクリスマスコンサート2018
〜踊る!サクソフォーン!〜

日時:2018年12月2日(日) 14:00

会場:長野市芸術館 アクトスペース

出演:由井 平太/上原 雅史/岩渕 みずき/歌頭 諒

曲目:
J.S.バッハ(石川亮太 編曲):トッカータとタンゴ!
T.エスケシュ:タンゴ・ヴィルトゥオーゾ
P.シャルティーノ:異教徒の踊り
A.ボロディン(石川亮太 編曲):オペラ「イーゴリ公」から ダッタン人の踊り
P.イトゥラルデ:ギリシャ組曲
服部 良一(高橋宏樹 編曲):東京ブギウギ
長万部 太郎(由井平太 編曲):WAになっておどろう
織田 哲郎(高橋宏樹 編曲):おどるポンポコリン
星野 源(山口尚人 編曲):恋
A.ピアソラ(浅利真 編曲):リベルタンゴ
B.ウィーラン(宮川成治 編曲):リバーダンス

後援:長野市教育委員会/日本サクソフォーン協会

主催:サクソフォーン四重奏でクリスマスコンサートを聴く会

2018年のテーマは『踊る!サクソフォーン!』。
踊りは、太古の昔から人間と共にありました。クラシックの作品でも同じです。この公演では、そんな古今東西の踊りにまつわる音楽を集めて、思わず身体が動き出したくなる2時間をお楽しみいただきました。そんなアクティブな内容を受けて、会場は長野市芸術館のアクトスペース。演劇用のホールのため音響は必ずしも良くはないですが、音響反射版とそこに映し出す光の演出なども用いて、華やかな時間をお楽しみいただきました。

【関連公演】たいけん!サックスコンサート(音楽ワークショップ・対象:幼児)

日時:2018年12月3日(月) 10:00

出演:由井 平太(ファシリテーター)/上原 雅史/岩渕 みずき/歌頭 諒

会場・対象:風間保育園・園児

2016年、2017年のクリスマスコンサートをご覧いただいていた長野市内の保育園の先生から、保育園の園児のためにもコンサートを、とお話をいただいて実現した、3歳未満から年長さんまでの園児全員130人ほどが対象の公演。通常のコンサートではなく、音楽ワークショップとして、サクソフォーンだけではなく音楽そのものを体感してもらう音楽ワークショップとして企画しました。
コンサートの中にはストーリーを盛り込んで、ただ聴くだけではなく、身体を動かし、リズムを刻み、歌って、音楽の楽しさと経験が子どもたちの未来につながることを目指した、約45分間の音楽ワークショップです。

サクソフォーン四重奏で聴くクリスマスコンサート2017
〜クリスマス・シネマ・パラダイス〜

日時:2017年12月3日(日) 14:00

会場:竹風堂 大門ホール

出演:由井 平太/上原 雅史/松澤 佐希子/歌頭 諒

曲目:
R.プラネル:バーレスク
G.ピエルネ:民謡風ロンドの主題による序奏と変奏
山本 哲也:ポイント・カウンターポイント・カウンター(委嘱作品・世界初演)
P.チャイコフスキー(高橋宏樹 編曲):くるみ割り人形 in Jazz
星出 尚志 編曲(伝承(アメージング・グレース)/F.プゥルセル、P.モーリア(アイ・ウィル・フォロー・ヒム)):ゴスペル・メドレー
R.ロジャース(滝澤俊輔 編曲):サウンド・オブ・ミュージック・メドレー
C-M.シェーンベルク(小野寺真 編曲):レ・ミゼラブル・メドレー
本田 俊之(石川亮太 編曲):マルサの女
大野 雄二(高橋宏樹 編曲):ルパン三世のテーマ
E.モリコーネ(石毛里佳 編曲):ニュー・シネマ・パラダイス

後援:長野市教育委員会/日本サクソフォーン協会

主催:サクソフォーン四重奏でクリスマスコンサートを聴く会

前年、1回限りのクリスマスコンサートのつもりで、長野で演奏したかった曲やクリスマスの内容を注ぎ込みました。好評をいただいて「続編」を開催することになりましたが、映画などでも「続編」は第1作に比べて劣化することが少なくありません。
そこで、第2回目となった2017年は、新たな試みを取り入れました。その一つは、友人の作曲家、フランス在住の山本哲也君に作曲の委嘱。その委嘱作品《ポイント・カウンターポイント・カウンター》はこのコンサートで世界初演となりました。この作品は現在、フォスターミュージックから出版されています。
そして、この回からコンサートに「テーマ」を付けました。2017年は『クリスマス・シネマ・パラダイス』。私も大好きな某名作映画のようなタイトルですが、コンサート後半では、そんな珠玉の名作映画音楽の世界を、サクソフォーン四重奏でお楽しみいただきました。

サクソフォーン四重奏で聴くクリスマスコンサート

日時:2016年12月4日(日) 14:00

会場:竹風堂 大門ホール

出演:由井 平太/上原 雅史/松澤 佐希子/歌頭 諒

曲目:
長生 淳:彗星
J-B.サンジュレー:四重奏曲第1番
R.ロジャース(真島俊夫 編曲):マイ・フェイバリット・シングス
クリスマス・メドレー 他

後援:長野市教育委員会/日本サクソフォーン協会

主催:サクソフォーン四重奏でクリスマスコンサートを聴く会

2016年6月に、長野市芸術館で「由井平太サクソフォンリサイタル」を開催しました。地元長野の皆さんに、私のサクソフォーンの演奏をお届けできた喜びを感じたソロリサイタルとなりました。ただ、サクソフォーンの魅力にはソロ以外にも、クァルテットという至高の編成が存在します。
そこで、2016年の夏に長野出身や縁のあるサクソフォーン奏者の仲間に声をかけて実現したのがこの2016年のクリスマスコンサートでした。当時は2016年の1回きりの予定でしたが、好評をいただいたおかげで、翌年以降も継続していくこととなったコンサートの第1回です。